• <dd id="jrihy"></dd>

    <em id="jrihy"></em>

    <rp id="jrihy"><acronym id="jrihy"></acronym></rp>
    <button id="jrihy"></button><button id="jrihy"></button>

  • <li id="jrihy"><object id="jrihy"></object></li>

    <button id="jrihy"></button>
      <em id="jrihy"><strike id="jrihy"></strike></em>

      有備館講座と齋理蔵の講座

      2005年3月、仙臺藩巖出山伊達家の別荘にして學問所である有備館を會場に「有備館講座」は発足しました。2018年5月からは第17期を迎えます。受講生の延べ人數は3382人。多くの市民の皆さんが文學研究科の86人に及ぶ講師陣(複數回の講師も多數)の話に耳を傾けられました。
      本講座は數年前から新機軸を打ち出しています。その一つが課外授業で、文學研究科の正規講義の受講と仙臺市內の文化施設見學がセットされています。第二は有備館のある大崎市巖出山以外の地での講座開催です。こうした趣向を盛り込みつつ受講者の拡大を目指しています。なお、東日本大震災で倒壊した有備館は2016年3月に再興がなりました。今後また有備館本體での講座開催が期待されます。
      「齋理蔵の講座」は2008年9月に誕生しました。2018年度は第11期を迎えます。講座が開催される「齋理屋敷」は伊具郡丸森町にある豪商の館で、県南有數の観光施設です。舊街道に面した門から入り、養蠶や糸取引での繁栄を物語る何棟もの蔵を通過した奧の洋館が主會場です。2017年度は1期5回の講座に通期予約した受講者が41人、総計が162名が參加しました(大半が3回以上受講、修了証獲得)が、既に數期にわたる受講経験のある參加者からは常に鋭い質問が発せられ講師陣の冷や汗を誘いました。本講座の課外講座は本研究科主催の「紅葉の賀」への參加や姉妹講座である有備館講座の受講です。丸森町のマイクロバスは仙臺へ、巖出山へと受講者を運びます。
      本年度の二つの講座のテーマは共通で「勝手に世界遺産」です。以下に、その開催日と講師?演題とを掲げます。

      齋理屋敷

      齋理屋敷入口

      東北大學大學院文學研究科と市民のセミナー
      「第18期 有備館講座」(2019年度)

      日時 5月18日~9月21日 (土)13:30~15:30
      場所 大崎市巖出山スコーレハウス等
      主催 東北大學大學院文學研究科
      內容
      テーマ「私のモノがたり」
      5月18日 杉本欣久準教授   日本美術の「本モノ」、「偽モノ」ー研究に立ちふさがる巨大な「壁」のモノがたりー
      6月15日 鹿又喜隆準教授     先史時代の経済観念ーどのタイミングでモノを捨てたかー
      7月20日 齋藤智寛準教授   宮城に眠る中國宗教史資料
      8月24日 荒井崇史準教授   心のカラクリを探究する
      9月21日 阿部宏教授     発見のモノがたりーインド語、天地創造、アインシュタインー
      問い合わせ先 問い合せ先:高橋 a-taka*m (*を@に変えてください)

      東北大學大學院文學研究科 市民のための公開講座
      「第12期 齋理蔵の講座」(2019年度)

      日時 6月1日~10月5日(土)13時30分~15時
      場所 伊具郡丸森町 齋理屋敷ほか
      主催 東北大學大學院文學研究科
      內容
      テーマ   「私のモノがたり」
      6月1日  小林隆教授    「ズンダ」と「メンコイ」のモノがたり
      7月6日  安達宏昭教授   ある「計畫書」の「発見」ー戦時期仙塩地方開発総合計畫から國土計畫へー
      8月3日  木山幸子準教授  コミュニケーションの研究とモノ
      9月7日  小松丈晃教授   モノがたりの社會學
      10月5日  片岡龍教授    「物の本」と「物語り」ー狩野亨吉と夏目漱石ー
      問い合わせ先 問い合せ先:高橋 a-taka*m (*を@に変えてください)
      可以提现的手机游戏