• <dd id="jrihy"></dd>

    <em id="jrihy"></em>

    <rp id="jrihy"><acronym id="jrihy"></acronym></rp>
    <button id="jrihy"></button><button id="jrihy"></button>

  • <li id="jrihy"><object id="jrihy"></object></li>

    <button id="jrihy"></button>
      <em id="jrihy"><strike id="jrihy"></strike></em>

      PRO-pose.

      社會を生きる先輩たちの
      「プロのポーズ」とは

      人生と向き合う、心の置き方を學ぶ。放送局社員 清野優理さん 人生と向き合う、心の置き方を學ぶ。放送局社員 清野優理さん

      朝の情報番組にかける情熱と喜び。朝の情報番組に
      かける情熱と喜び。

      「長い間多くの方にご覧いただいている朝の情報番組なので、企畫コーナーを擔當する際には身が引き締まる思いです」。
      そう語るのは、東北放送の報道制作局でテレビ制作部に籍を置く清野優理さん。清野さんは現在、月曜から金曜の朝に放送されている『ウォッチン!みやぎ』、そして土曜朝の『サタデーウォッチン!』のフロアディレクターとして、プロデューサーやカメラマン、出演者とコミュニケーションを取りながら、的確に指示を出しつつ番組を進行する立場にある。一方、番組內のコーナーのために、あらかじめ自分で取り上げるテーマを企畫し、リポーターとカメラマンを連れ立って取材に赴き、撮ってきた映像を編集してVTRを作る役割も擔っている。
      「新しいお店を紹介した放送後に“番組を見たというお客さんがたくさんきました!”とご連絡いただくこともあります。ほっと嬉しくなるとともに、取材で出會った方の人生に少しだけ関わることができたという充実感もあり、この仕事を選んでよかったと思います」。

      恩師と二人三腳で、努力を重ねた日々。恩師と二人三腳で、
      努力を重ねた日々。

      物心がついたときから絵や漫畫を描くことが大好きで、小學生の頃にはすでに漫畫家になることを將來の目標に據え、原稿用紙やペンを揃えていたという清野さん。
      「高校時代まで毎日ずっと欠かさずに絵を描いていました。テレビ番組制作では情報をわかりやすく伝えるために絵を描くことが多いので、とても役立っています」。
      好きなこととして絵を描き続けるなか、高校2年となり大學進學が視野に入ってきたものの、あれこれ迷うばかりで一向に具體的なイメージを持てなかった清野さん。しかし、擔任の先生に東北大學進學を勧められたことが、清野さんの迷いに一筋の光を射すきっかけとなった。
      「恩師の言葉に、當時ありあまっていたパワーを注ぎ込む対象を見つけた喜びがありました。もともと熱心に勉強するタイプではありませんでしたが、東北大學進學という目標を得てからというもの、一気にエンジンがかかった感じです」。
      清野さんは予備校に通わず、東北大學進學を決意した2年生の6月から、恩師と二人三腳の體制で勉強に集中。數學と英語の先生にも個人指導をお願いして、始発電車で通學し高校の門が閉まるギリギリの時間まで先生方に教えを請う生活を続けた。
      「東北大學のなかで、圧倒的に興味を惹かれたのが文學部でした。25の研究室はすべて面白そうで“4年間も勉強するなら文學部しかない”と決めました」。
      実家の書棚には、両親が好きだった心理學の本が並んでおり、それも文學部を選んだ一因だったと清野さんは微笑む。

      自分という人間らしく、夢の実現に向かって。自分という人間らしく、
      夢の実現に向かって。

      こうして文學部に入學した清野さんは、2年進級時に心理學研究室を選択した。
      「自分の人生を豊かにしてくれる學びができたこと、また気持ちを惹きつける面白い授業をされる多くの先生と出會えたことが、かけがえのない財産となっています。フランス語の授業では、映畫や音楽などさまざまな題材を例に教えてくださった小林文夫先生のおかげで、フランスの音楽と映畫を楽しむ喜びが人生に加わりました。最も印象的だったのは、心理學の辻本昌弘先生の“人間は意識するだけでは変われない”という言葉。例えば、冬場にこたつで寢てしまう習慣から脫卻する場合には、こたつで寢ないと決意するより、こたつそのものを無くす、という環境の変化のほうが大事であるということですが、このような実生活に即した學びがあることも心理學の面白さのひとつでした」。
      今後は、長期密著型ドキュメンタリー番組の制作を通して、地元宮城で頑張っている人たちの魅力を映像化していきたいと語る清野さん。常にポジティブな姿勢で、自分を磨き高める環境の変化を受け入れながら、その夢の実現に向かっていく。
      「心理學は人間のリアルなあり様に迫る學びでした。辛いときにネガティブにならず、できなかった自分を責めすぎることもなく“それも人間”と考えると気持ちが楽になる。4年間では人生に向き合う際の心の置き方も學ぶことができたと思っています」。

      清野 優理Yuri Seino

      2018年3月、文學部人文社會學科心理學専修卒業後、東北放送に入社。卒業論文は「なぜ人は踴るのか:舞踴に関する心理的研究」。

      可以提现的手机游戏