• <dd id="jrihy"></dd>

    <em id="jrihy"></em>

    <rp id="jrihy"><acronym id="jrihy"></acronym></rp>
    <button id="jrihy"></button><button id="jrihy"></button>

  • <li id="jrihy"><object id="jrihy"></object></li>

    <button id="jrihy"></button>
      <em id="jrihy"><strike id="jrihy"></strike></em>

      PRO-pose.

      社會を生きる先輩たちの
      「プロのポーズ」とは

      常に疑問や好奇心を持ち、その本質に迫ること。 高校教諭 戸田道彥さん 常に疑問や好奇心を持ち、その本質に迫ること。 高校教諭 戸田道彥さん

      中身が詰まったサンドウィッチに。中身が詰まった
      サンドウィッチに。

      現在、宮城県仙臺三桜高校の英語教諭として教鞭を執り、2年生のクラス擔任も務めている戸田道彥さん。
      「高校2年生の期間はよく“中だるみ”と表現されることがありますが、私自身はむしろ“サンドウィッチの具”だと捉えています。勉強はもちろんのこと、部活動に打ち込むことや大切な仲間たちとの関わりなど、これからの人生にとってかけがえのない価値を持つ経験ができるよう、中身がギュッと詰まった魅力的な一年間を送ってもらうための環境づくりも擔任としての大切な役割です」。
      戸田さんは英語の授業のほか、仙臺市野草園や地底の森ミュージアムなどの文教施設を訪問する校外活動を通じて、生徒たちの探究心を育む総合學習の企畫なども擔當している。
      「當校では2年生の12月に修學旅行が行われますが、それをひとつの節目として、以降は生徒たちが自ら気持ちを受験モードに切り替えてくれることがうれしいですね。かつて受験を経験した立場から、一人ひとりにできるだけ具體的なアドバイスをするよう心がけています」。

      文學部の先輩方による教えのリレー。文學部の先輩方による
      教えのリレー。

      新潟で生まれ育った戸田さんが、將來を考えるきっかけとなったのは高校1年のときの英語の先生の存在だった。
      「授業中は基本的に“オールイングリッシュ”で、日本語を使うことが許されませんでした。最初は戸惑いましたが、もともと映畫や音楽でも英國ものが好きで、英語が身近だったこともあり、次第に慣れてユニークな授業內容に引き込まれるうち、英語に対する興味がますます高まっていきました。この先生が、東北大學文學部出身だったんです」。
      その後、両親を交えて進學候補となる各大學のデータを収集して検証。第一志望を東北大學文學部に定めたという戸田さんはオープンキャンパスに參加した。
      島越郎先生による英語學のイントロダクションを見たときに“これだ!”と思いました。それまで抱いていた、自分は文法を知らなくても日本語を話せるのに、英語ではなぜ文法から學び始めるのかという、頭の中のモヤモヤした疑問が一気に晴れ渡っていくような明快な解を得た心境で、イントロダクションのその先を學びたいと決心しました」。
      こうして文學部人文社會學科英語學専修に進んだ戸田さんは、英語と言語という2つの領域について、自分自身が“なぜ?”と疑問に思うことをひたすら探究し、學びを深めていく。

      教わったこと、教えていくこと。教わったこと、
      教えていくこと。

      戸田さんが2年次に選択したのは金子義明先生英語學研究室。
      「金子先生には、アメリカの言語哲學者ノーム?チョムスキーの著作『言語理論の論理構造』で提唱された生成文法理論を基に多様な角度から英語と言語について教えていただきました。金子先生はまさに知識の泉という存在ですが、あるとき“騙されちゃだめだよ”と言葉をかけられたことがありました。私自身これは、表層的な見せかけでなく常に疑問や好奇心を持ちながら物事の本質に迫ることが大事だということと解釈し、生徒たちにも勉強に限らず世の中のさまざまなことに好奇心を持つ大切さを話しています」。
      自らの疑問を素直に受け止め、自らその解明に突き進んでいく。ときには研究室の親友と夜を徹して議論を重ね、お互いの考えを精査していったという戸田さん。
      「大學院文學研究科に進學したのは、もっと英語學を極め、英語學を自分の強みや土臺として確立し社會に出て行きたいという思いからでした。大學院で學んだ2年は、いまでも自分にとって必要な時間だったと実感しています」。
      高校1年で英語の先生の授業に魅せられ、オープンキャンパスで島先生から人生を左右するインパクトを與えられ、研究室では金子先生から物事の本質に迫る尊さを教わった戸田さん。今度は彼自身が“戸田先生に教わってよかった”と言われる存在になる番だ。

      戸田 道彥Michihiko Toda

      2016年3月、大學院文學研究科文化科學専攻英語學専攻分野修了後、宮城県公立學校教員に採用。修士論文は「Morphosyntax of Verbal Extended Projections in English(英語における動詞的拡大投射の形態統語特性)」

      可以提现的手机游戏